入院していても在宅治療と同じ処置しか施せない場合には在宅での医療も可能となるケースが増えてきたようです。

こんなにスゴイ!医療の進歩と治療方法
こんなにスゴイ!医療の進歩と治療方法

増えてきた医療である在宅治療

入院するのと在宅治療をするの、どちらかを選んで下さいと言われたら筆者ならば後者を取ります。
病院に入院すれば、もちろん安心感も感じられるでしょうし、緊急時にはすぐに処置を施してもらうことができます。

しかし、入院が長期間に渡る場合には入院部屋代だけでもかなりの費用になってしまいます。
そのために医療費を賄えなくなってしまったら元も子もありません。それに、自宅には家族やペットといった安心できる要素がいてくれる場合もあるでしょう。そうした場合には、やはり自宅に居たいと思う人の方が多いのではないでしょうか。
入院中に必要になる持ち物も在宅治療の場合には手元にありますから、その点も安心です。
また、入院中に自分の世話をしてくれる家族がいる場合には自宅から病院までのその人の移動時間や負担を減らすことが出来ます。
ここまでの話はあくまで在宅治療が可能という人に限定した話で、どうしても病院に入院していないと必要な処置が施せない場合には在宅治療は難しいとは思います。


最近ではがんの治療にも在宅治療が取り入れられています。

例えば、がんでは体のエネルギーを極端に消耗してしまうために、高カロリーの点滴等の処置が必要になります。
こういった処置は病院に入院していなければ出来ないと思われがちですが、実際には在宅で出来る処置でもあります。
なので、背中に点滴を背負いながら自宅で暮らしているがん患者さんも結構いるようです。
在宅で少しでも安心しながら治療が出来る在宅治療の今後の発展に期待したいところです。

新着おすすめ

Copyright (C)2017こんなにスゴイ!医療の進歩と治療方法.All rights reserved.